NIKKEI

PR

日経アニュアルリポートアウォード2019

アニュアルリポートアウォード 2次審査講評

審査委員長

北川 哲雄氏

青山学院大学大学院

国際マネジメント
研究科教授
北川 哲雄氏

マテリアリティ分析の精緻化

2次審査に上がってきたARは流石に基本を踏まえつつも個性的で読むものに訴えかけるようなものが多かった。ESG活動を自社の持続可能性(サステナビリティー)との関係で重要なトピックスを抽出し説得力ある表現を行う企業も多くなってきた。マテリアリティ分析が精緻化してきているためであろう。ガバナンス関係の記述も対話のツールとして充実してきている。早くも次年度のARを読むのが楽しみである。

審査委員

岸上 恵子氏

日本公認会計士協会

経営担当常務理事
岸上 恵子氏

透明化の進展と企業報告

事業を通じたSDGsへの対応、ガバナンスの高度化の議論が進んだ。企業活動・報告に対する急速な透明化の要請に答えるため、アニュルリポートは整合性確保の核である。企業活動の基本となるガバナンス、説明の困難な事業の価値創造プロセスの説明が、いかに自らの言葉で論理的になされているかを中心に見させていただいた。企業内での共有(統合思考)の重要性も改めて申し上げたい。

審査委員

井口 譲二氏

ニッセイ アセット
マネジメント

チーフ・コーポレート・
ガバナンス・オフィサー
井口 譲二氏

持続的価値向上を伝えることが重要

今回もレベルは高く、ガバナンスの開示がすばらしいリポートもあった。一方、財務の部の過度の省略、SDGs・ESGを強調しすぎ、企業価値向上を伝えきれない、全体の総括となるCEOメッセージが適切に活用されていない、などのリポートもあった。持続的な企業価値向上を的確に伝えることが重要であり、短期(足元の業績)と中長期(ESG情報)のバランス、非財務の取り組みの進捗を示すKPIの活用などが重要になると考える。

審査委員

大崎 貞和氏

野村総合研究所

未来創発センター
フェロー
大崎 貞和氏

財務情報が手薄になっていないか

エントリーするアニュアルリポートの質は年々向上し、審査する側にとっては順位付けが非常に難しい。グランプリや準グランプリを逃した会社も決して中身が悪いわけではなく、僅差で受賞できなかったことを理解して欲しい。そうした中でやや気になる点としては、制作手法がマニュアル化・画一化していないか、非財務情報に注力する余り財務情報が手薄になっていないかといったことが挙げられる。

審査委員

小澤 大二氏

インベスコ・
アセット・
マネジメント

取締役運用本部長
兼 チーフ・
インベストメント・
オフィサー
小澤 大二氏

資本コストと企業価値拡大策を重視

企業価値創造ストーリーの展開は、より洗練され標準化が進んできた印象。その結果、「形」より「内容」の重要性がますます高くなってきている。長期投資家が読む前提で、ビジネスモデルの開示とその競争力の源泉、資本コストの議論とそれを長期的に上回るための資本配分・政策、SDGsと事業のリンケージとESGへの取り組み、それらを通じて持続的な企業価値拡大に繋がると思えるかどうかに重点を置いて審査した。

審査委員

三瓶 裕喜氏

フィデリティ投信

ヘッド オブ
エンゲージメント
三瓶 裕喜氏

「なぜ」の追求がビジョンを実現

3年超の中計、ビジョンの明確化、フリーキャッシュフローによる経営管理など、長期視点で整合的な企業価値向上に取り組む企業が現れてきたことは心強い。そうした企業のトップメッセージは、世の中を広く俯瞰し課題把握と解決のビジョンを自らの言葉で語っており、新たな気づきを得られる。「なぜ」を深く追求する企業ほど、独自性や創造性があり、社員の共感を生み、ビジョンの実現可能性が高いと感じる。

審査委員

寺沢 徹氏

アセットマネジメント
One

責任投資部長
寺沢 徹氏

長期を見据えた統合戦略に期待

全体を通じて昨年と比較して大幅に完成度が高まったと感じた。上位各社はトップマネジメントのメッセージが明確に示され、ビジネスポートフォリオや中長期戦略の示し方も工夫を凝らしながら一段とレベルアップが図られていた。本年はマテリアリティ特定やSDGsとの関係についての示し方の向上が著しく、全社的な議論を重ねた苦労の結果がうかがえる。本アウォードを機に今後も統合報告の水準向上を図っていただきたい。

審査委員

徳田 展子氏

アムンディ・
ジャパン

運用本部
ESGリサーチ部長
近江 静子氏

長期を見据えた統合戦略に期待

持続的な成長にむけた経営陣の明確な意思表明のもと各社各様の工夫により価値向上ストーリーが示され、成長への期待を投資家が共有できる甲乙つけがたい報告書が多くあった。サステナビリティー経営の必要性が真摯に語られ、人財を付加価値源泉に据え育成への実践を示す企業が増えていることにも感銘を受けた。将来への時間軸が中計期間程度のものがまだ多く、真の意味で将来を見据えた統合戦略が描かれることに期待している。

● アニュアルリポートアウォード 1次審査講評

(社名五十音順、株式会社は省略)

櫻本 惠氏

アセットマネジメント
One

責任投資部
チーフESGアナリスト
櫻本 惠氏

マテリアリティと向き合うことを期待

中長期的な企業価値向上が可能か否かの確信度を高めたい投資家にとって、有益なリポートが増えてきていることを喜ばしく思っています。ただし、ESG情報の網羅性が担保される一方、逆に企業として投資家に訴えたいポイントがぼやけてしまっているリポートが散見される点は非常に残念。いかなる価値を創造し、いかに社会と関わっていくのか、企業価値向上の観点から改めて真剣にマテリアリティと向き合われることを期待しています。

石塚 愛氏

いちごアセット
マネジメント

執行役員
パートナー
石塚 愛氏

ARは役職員にとっても必読ツール

一投資家として身の引き締まる思いで審査させていただいた。持続的な企業価値創造の実現に向けたプロセスが、各社の企業文化が感じられる創意工夫で示され、投資家との対話への熱意を感じるとともに、信頼感を醸成するARが一層増加した。改定CGコードを踏まえた資本コストへの言及や本業起点のESG情報の拡充も図られている。ARは、投資家のみならず役職員にとっても、企業理念や価値観、成長の方向性の共有のために必読のツールである。

秋野 充成氏

いちよしアセット
マネジメント

上席執行役員
秋野 充成氏

簡潔で個性的なメッセージ発信を期待

長期投資に役立つ興味深いリポートが多かった。特に、社会・環境との係わり合いを強調して、持続可能な成長への具体的取り組みを発信している企業が多く、参考になった。ただし、ESGを成長戦略に組み込み、価値創造のためのロードマップを的確に示していると思われる企業はまだ少ない。また、多くの情報を詰め込みすぎて、まとまりに欠け、個性を無くしているリポートもある。簡潔な、有意義なメッセージ発信を期待したい。

古布 薫氏

インベスコ・
アセット・マネジメント

日本株式運用部
コーポレート・
ガバナンス・
オフィサー
古布 薫氏

建設的対話促進のため適切な情報開示を

年々各社のリポートは進化しており、特に非財務情報は個性が発揮され投資家の理解が促進されている一方、今一度財務情報・財務分析の重要性を企業と共に認識していきたい。薔薇色のストーリーのみならず過去の失敗からの反省や課題に対する厳しい見方を掲げる報告書には、企業の真摯な対応と前向きな姿勢を感じる。情報開示について時期や内容を含む様々な議論がなされているが、建設的な対話促進に資する開示の実現を望む。

井川 智洋氏

エイピーエス・
アセット・マネジメント

シニアアナリスト
井川 智洋氏

財務と非財務情報のバランスに留意を

優れた企業の例では、納得を超えてもはや圧倒されるほどにサステナビリティーに対する思い入れが伝わってきた。一方、ESGが声高に叫ばれる中、非財務情報の開示に力を注ぐが故に、そもそも当該企業のキャッシュフロー創出能力に関する説明が不足している例もあった。統合報告書は一義的には投資家向けのリポートであり、定量情報の充実も含めてバランスの良い情報提供を心掛けてほしい。

坂東 良太氏

エンジェルジャパン・
アセットマネジメント

執行役員COO
坂東 良太氏

より投資家目線に立ったリポートに期待

持続的な成長を前提とした企業価値の尺度として、非財務情報であるESGに対する関心が高まる中、アニュアルリポートもこれを意識した構成になってきた。さらに2030年までに世界が達成すべきSDGsに基づいた事業戦略を発信するリポートも増え、各社の意識の高さを感じる。勿論従来の尺度である財務情報も重要であり、双方のバランスを保ちながら、より投資家目線に立ったリポートへの進化が楽しみだ。

伊井 哲朗氏

コモンズ投信

社長
兼最高運用責任者
伊井 哲朗氏

取締役会の雰囲気が伝わる内容を歓迎

今年の特徴は、ESGに関する内容が充実してきたことです。また、その中ではコーポレートガバナンスに関する記述が、昨年まで以上に具体的な内容となっている企業が増えてきています。中には、当該年度の取締役会の振り返りを紹介するなど、取締役会の雰囲気まで伝わる内容の企業も出てきていて私たち長期投資家にはうれしいことでした。

角田 成宏氏

損保ジャパン日本興亜
アセットマネジメント

株式運用部
シニア・
インベストメント
マネージャー
ヴァイスプレジデント
角田 成宏氏

ESG情報重要だが財務情報充実も望む

価値創造ストーリーに対する投資家の要請を受けてか、各社とも章立てが整理され、中期的見通しへの言及も増えている。一方で、根幹である企業理念の内容が抽象的または言葉足らずなままである企業が散見された。また、CEOのメッセージは各社とも掲載しているが、CFOによる財務戦略への印象が薄い企業もある。弊社もESG情報は重要と考えており、その記載が充実することは有難いが、再度、財務情報に関する内容も検討していただきたいと思う。

山崎 徳司氏

大和証券

エクイティ調査部
山崎 徳司氏

資本・財務戦略など従来からの課題残る

全般的にリポートレベルが上昇した。経営トップの熱意が感じられる迫力のある内容も増えた。重要項目において独自の工夫やアイデアを打ち出すことで「サステナビリティー(持続可能性)へのアピール度」が増した企業が多くなった。一方、資本戦略・財務戦略についての記述があいまいであったり、ネガティブリスクの顕在化への対応が具体的でなかったりと、従来からの課題は残ったといえる。今後の改善を期待したい。

和田 一真氏

大和住銀投信投資顧問

企業調査部
アナリスト
和田 一真氏

長期的かつ多面的なメッセージを求める

アニュアルリポートは企業が投資家と長期的な目線で対話を行うための重要なツールであり、多面的な分析が盛り込まれていることが望ましい。今年度に審査したリポートは、中期経営計画のコンセプトをより長いビジョンの中で解説する、経営理念とサステナビリティーの繋がりをロジカルに解説するなど、長期投資家にとってエッセンシャルな内容が多く、昨年度までと比べて全体的な質の向上が感じられた。今後のさらなる充実を期待したい。

石井 祐貴氏

T&Dアセット
マネジメント

運用統括部
責任投資グループ
ESGアナリスト
石井 祐貴氏

主要事業によるESG貢献のアピールを

SWOT分析や外部環境記述など事業紹介に多くの工夫がなされており、ビジネスモデルを理解するための解説書としてはレベルの高いリポートが多い印象を受けた。一方、ESG投資家として最も知りたいと考えている「主要事業が具体的にどのような形で環境・社会課題解決に貢献できるのか」についての記載が十分なリポートは少なく、課題と感じた。

栗原 英明氏

東海東京調査センター

企業調査部長
栗原 英明氏

参加企業のARは毎年進化している

今年も参加企業のARに対する意識の高さと熱意を感じた。優れたARを作る企業は、創意工夫によりARをより進化させている。一方で全体のバランスに苦労している感もある。収益構造の分析や収益に影響を与えるファクター、今年度の重点施策や業績見通し、環境面の記載等が乏しいものもあった。今後もARの重要性は不変であろう。当アウォードに参加する企業をお手本とすることでわが国のIRが一段と充実することを期待したい。

五十 義将氏

東京海上アセット
マネジメント

株式運用部
投資調査グループ
シニアアナリスト
五十 義将氏

定量・客観情報で検証フェーズの向上を

各社の統合報告書は、高レベルのところで足並みがそろってきたと思う。中長期のビジョンや、事業優位性および課題が良く整理されている他、ESGなど非財務面の記述も充実してきた。一方、読みやすさを意識してか、定性的な記述が目立つのは気になる。今後は、掲げられたビジョンや目標の進捗を検証するフェーズとなる。実績やプロセスを含めて、定量的かつ客観的に示していく工夫が、報告書の説得力を向上させるだろう。

中野 次朗氏

日興アセット
マネジメント

株式運用部長
中野 次朗氏

投資家と企業の認識ギャップを埋めよ

株主価値創造ツールとしての統合報告――中長期の株主価値向上を強く意識した報告書が増えてきたことは高く評価できる。資本コストや政策保有株式の縮減に踏み込む記述もあり、進化が感じられる。ESGは長期の企業価値創出という目線で語られるようになってきた。一方で投資家と企業の間の資本効率、株主還元等に関する認識ギャップは未だ存在する。こうしたギャップを埋めるものとして、統合報告の果たすべき役割は大きいと思う。

橋田 伸也氏

ニッセイアセット マネジメント

株式運用部
投資調査室 室長
橋田 伸也氏

統合報告で投資家と企業の関係を深めよ

ESGマテリアリティ・SDGs目標を見据えて価値創造プロセスの確立に取り組む企業姿勢が色濃く反映された力作リポートが増えた印象を持った。そのなかで体系化された財務報告はさることながら非財務情報の開示充実、特に経営陣と従業員との一体感を持った価値向上活動への取り組みや実効性が示されているかについて評価した。企業価値向上に向け投資家と企業との関係性を深めるツールとして、報告書の価値が一段と高まることに期待したい。

葎嶋 真理氏

富国生命投資顧問

株式運用部
調査グループ
ESGアナリスト
葎嶋 真理氏

読み応えのあるリポートが出てきた

アニュアルリポートもそのほとんどが統合報告書として、財務・非財務の両面から企業情報が開示されるようになる中で、今年は、財務情報を経済的価値、非財務情報を社会的価値と捉え、経営戦略にどのように落とし込み、企業価値向上につなげているのかを明確に示している読み応えのあるリポートが出てきており、従来のような財務セクションとESGセクションを分けて開示するという形からかなり進歩してきている。

堀井 浩之氏

三井住友トラスト・
アセットマネジメント

執行役員
スチュワードシップ
推進部長
堀井 浩之氏

環境変化への経営層の対応を重視し評価

多くの企業が「統合的思考で作成されたリポート」を発行するようになり、先頭ランナーの完成度はかなり高いものとなっていると同時に作成して間もない企業においても、年々の改善は目覚しいものがあると感じています。こうした中で、リポートに対する経営層の関与度合いの差も如実に現れており、当社では、経営理念やビジネスモデルを通じて、経営層が環境の変化にいかに対応していくのかという点を重視して評価を行いました。

白須賀 啓介氏

三菱UFJ国際投信

運用企画部
ESG統括グループ
グループマネジャー
白須賀 啓介氏

経営者の情熱や覚悟や思い伝わるARを

各社ともESG関連項目については、記載を充実させてきている。社会の持続可能性に配慮した企業の真摯な取り組み姿勢が、伝わってくる。今後は、長期のビジョンや中計の位置付け等と絡めて、その企業自身の企業価値向上に結び付くストーリーを持った記載がさらに拡充することに期待したい。加えて、トップメッセージや社外取締役のメッセージには注目している。経営者の情熱や覚悟や思い等が伝わるようなメッセージをお願いしたい。

小野 頌太郎氏

レオス・
キャピタルワークス

アナリスト
小野 頌太郎氏

経営者の熱が伝わるARは説得力が増す

量質ともに読み応えのあるリポートが多かった。中でも経営指標や具体的な取り組みについて過去から現在、そして中長期的な未来へとつなげて語られているリポートは、企業の色や方向性を明確にし長期投資家を魅了する内容になっている。変化が早く不確実性が高い環境にあって、経営陣のオーナーシップのあるメッセージはリポートの説得力を増す。経営者自身の熱い言葉で語られたメッセージがあるリポートと、そうでないものの差は大きい。

アニュアルリポートアウォード 1次審査員一覧

(社名五十音順、株式会社・敬称は省略)

■アセットマネジメントOne

  • 櫻本 惠、村岡 義信、村上 義信、鈴木 俊一、申谷 昇、加藤 泰浩、
    池畑 勇紀

■いちごアセットマネジメント

  • 石塚 愛、吉田 憲一郎、フォンレンツェル 賢、堀之内 慎太郎、
    坂口 陽彦

■いちよしアセットマネジメント

  • 戸田 さつき、大川 恒、関谷 央憲、渡邉 基久、三上 健平、秋野 充成、
    金 智行、高橋 佑輔

■インベスコ・アセット・マネジメント

  • 古布 薫、小室 秀介、原田 秀樹、笠井 拓

■エイビーエス・アセット・マネジメント

  • 井川 智洋、柳原 武士

■エンジェルジャパン・アセットマネジメント

  • 坂東 良太、内藤 誠一、金沢 健博、柳葉 徹、永嶋 聡

■コモンズ投信

  • 伊井 哲朗、上野 武昭、末山 仁

■損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント

  • 板倉 充知、藤原 重良、角田 成宏、牟田 知倫、花井 美穂、神谷 悠介

■大和証券

  • 山崎 徳司

■大和住銀投信投資顧問

  • 渡辺 綾子、和田 一真、千代 健介、松崎 健人、高瀬 彩加、芳村 俊平、
    坂森 真裕子、蒲原 誠志、平林 大河、上石 卓矢、所 伴和、町田 了

■T&Dアセットマネジメント

  • 山中 清、柳井 美奈子、高橋 朋子、石井 祐貴

■東海東京調査センター

  • 栗原 英明、金井 健司、荒木 健次、萩原 幸一朗、中原 周一、
    宝水 裕圭里、摩嶋 竜生

■東京海上アセットマネジメント

  • 光田 寛和、五十崎 義将、浅野 建、矢倉 賢範、秋澤 宏典、夏目 宏之、
    平井 克典、坂東 俊輔、岡田 将行、大谷 章夫、水野 要

■日興アセットマネジメント

  • 中野 次朗

■ニッセイアセットマネジメント

  • 木村 嘉明、坪井 暁、佐藤 啓吾、野田 健介、岩尾 光恭、小林 守伸、
    醒井 周太、堀井 章、井口 譲二、橋田 伸也、宝田 晋介、山本 真以人、
    加藤 真二、吉沢 泰、伊豫田 拓也、黒木 文明、峯嶋 利隆、村中 亮太、
    笹本 和彦

■富国生命投資顧問

  • (非公表)

■三井住友トラスト・アセットマネジメント

  • 三澤 淳一、福永 敬輔、澤嶋 裕希、下田 曜弘、西山 昌彦、和田 健、
    原 恭子、石井 大亮

■三菱UFJ国際投信

  • 中川 雅嗣、白須賀 啓介、佐々木 健行、多田 慎一、太田 智也、
    上辻 敦生、小山 洋美

■ラザード・ジャパン・アセット・マネージメント

  • (非公表)

■レオス・キャピタルワークス

  • 八尾 尚志、韋 珊珊、渡邉 庄太、栗岡 大介、佐々木 靖人、堅田 雄太、
    小野 頌太郎

■他1社