NIKKEI

PR

日経アニュアルリポートアウォード2017

第19回 日経アニュアルリポートアウォード 各賞決定 グランプリ2年連続で中外製薬

日本企業が発行するアニュアルリポート(年次報告書)の中で特に優れたものを表彰する
「第20回 日経アニュアルリポートアウォード」の審査がこのほど行われ、
グランプリにオムロン、準グランプリにアステラス製薬、伊藤忠商事、コニカミノルタ、大和ハウス工業が選ばれた。
また、特別に評価すべき点のあった三井化学と三菱UFJフィナンシャル・グループが特別賞に選ばれた。

(各賞の社名は五十音順、株式会社は省略)

グランプリ

オムロン

オムロン

先進性に富んだガバナンス記述

長期投資家やESG(環境・社会・統治)投資家目線を保ちながら、最初から最後まで中期経営計画を柱とした1つのストーリーとして読ませる記述は圧巻。役員報酬制度の概要表示に加えサステイナブル指標を導入するなど、ガバナンス記述は先進性に富む。

準グランプリ

アステラス製薬

アステラス製薬

統合報告書としての完成度高い

企業特性が明確に示されており、医薬品企業としてのCSR活動が徹底したマテリアリティー(重要課題)分析を基に行われていることがよく分かる。ESG情報に興味深い多様な指標を加味する手法も効果的で感度が高く、統合報告書としての完成度が高い。

伊藤忠商事

伊藤忠商事

率直かつ迫力があるCEOメッセージ

投資家が必要とする情報が簡潔かつ十分にまとめられ、編集方針の明確さが伝わる非常に完成度の高いリポート。持続的な企業価値拡大を目指すCEOのメッセージは率直であるとともに迫力がある。プロセスや今後の課題まで言及したガバナンス表記も高評価。

コニカミノルタ

コニカミノルタ

中期経営計画の考えや取り組みが明確

「課題提起型デジタルカンパニー」を目指す新中期経営計画の考えや取り組みが明確に伝わる極めて完成度の高いリポート。事業ごとに「機会と課題」「強みと戦略」が記載され、投資家が事業の将来を判断するための十分な情報がバランスよく記載されている。

大和ハウス工業

大和ハウス工業

統合的思考に貫かれた最高水準のリポート

今年度の最高水準のリポートの1つ。統合的思考に貫かれた「資本配分とフロー」「重要な管理項目(持続可能な企業価値向上)」の図や「資本政策の基本方針」のグラフ、各種KPI(主要業績評価指標)の活用などの使い方は秀逸で、他社の手本となる。

特別賞

三井化学

三井化学

外部から評価しやすく
エンゲージメントに寄与

中期経営計画を長期経営計画に改めた意図や内容が伝わる完成度の非常に高いリポート。ネガティブな課題も含めた情報開示姿勢は投資家の信頼を高める。自社評価指標に基づく認定製品売上高比率なども外部から評価しやすくエンゲージメントに寄与する。

三菱UFJフィナンシャル・グループ

三菱UFJフィナンシャル・グループ

CEOメッセージが圧巻

11ページに及ぶCEOメッセージが圧巻。旧来のビジネスモデルに持続可能性はないとし、グローバル金融グループとしての危機感から「再創造イニシアチブ」を掲げる姿勢は共感を呼ぶ。ガバナンスの説明は秀逸で、ESGハイライトも適切。完成度が高い。

優秀賞

アサヒグループホールディングス

アサヒグループホールディングス

方向性がよく分かる
完成度の高いリポート

経営戦略の方向性がよく分かる完成度の高いリポート。「収益力」「資産効率の向上」「ESGへの取り組み強化」の3点を「エンゲージメント・アジェンダ」とし、投資家との対話ポイントを自ら示した点は高評価。持続的な価値創造への挑戦姿勢に説得力がある。

ANAホールディングス

ANAホールディングス

高水準の統合報告書であり
財務データが行き届いている

高水準の統合報告書であり、別冊のFACT BOOKを含めた財務データが行き届いている。機会とリスクの分析、マテリアリティーの特定が経済価値、社会価値の両面から分析されており、経営とリンクしていることがよく伝わる。マーケット指標も有用。

MS&ADインシュアランスグループホールディングス

MS&ADインシュアランスグループホールディングス

投資家フレンドリーな
工夫を凝らしたリポート

グループCEOのメッセージは具体的かつ網羅的で、事業活動とESG、SDGs(持続可能な開発目標)が自然に結びついている。図表など随所に読み手を助ける工夫があり、投資家フレンドリー。各国の社員によるグローバル座談会も興味深く、好企画。

オリンパス

オリンパス

各事業別のSWOT分析
投資家判断に十分寄与する

事業別の成長戦略を各部門の責任者によるメッセージで分かりやすく紹介。各事業別にSWOT(強み・弱み・機会・脅威)分析が明確に示され、投資家判断に寄与。財務データもていねいで分かりやすい。ガバナンスも細部にわたり必要十分な情報を記載。

カゴメ

カゴメ

将来像と取り組みが明確で
完成度の高い統合報告書

完成度の高い統合報告書。「ありたい姿」とそれに向けた「取り組み」が明確に整理されており、価値創造プロセスを分かりやすく記述している。全体の3分の1近いページを割いたESGの説明が充実しており、ガバナンスの記述は具体的で透明性が高い。

カプコン

カプコン

インパクトの強い
高レベルの統合報告書

企業特性が際立つ、インパクトの強い高レベルの統合報告書。新旧中期経営計画の対比や現在の経営課題と対応策、その進捗状況などがていねいに記載されており投資家の理解を助ける。充実した定量データやESGへの取り組み、別冊での開発現場の声は秀逸。

住友化学

住友化学

充実した内容に加え
別冊ハンドブックが出色

中期経営計画の進捗状況がよく分かる好リポート。会長メッセージでのSDGsへの言及や社長メッセージでの環境負荷低減に向けた認定制度の説明など、ESGへの取り組みの本気度が伝わる。日英対訳の投資家向けハンドブックはビジネス実態を反映し出色。

中外製薬

中外製薬

全体の一貫性に優れた
完成度の高いリポート

価値創造モデルの説明、CSV(共通価値の創造)を事業哲学として語るCEOメッセージ、COOによる中期計画の進捗説明、マテリアリティーを特定したESG解説、ガバナンスの強化・改善の説明など全体の一貫性に優れたリポートであり、完成度が高い。

東京応化工業

東京応化工業

企業コンセプトが鮮明で
随所に工夫がある

同規模の会社の中では突出した高水準のリポート。半導体製造に不可欠なフォトレジストに強い「グローバルニッチトップ企業」のコンセプトが鮮明に伝わる。構成は手堅く流れがよい。財務データに業界動向指標を盛り込むなど随所に工夫があり分かりやすい。

東京海上ホールディングス

東京海上ホールディングス

スマートにまとめられた
バランスのよいリポート

企業価値拡大に向けての基本的な事項、資本配分と資本収益率の目標、ERM(全社的リスクマネジメント)経営の推進などをスマートに説明し、バランスよくまとめている。サステイナビリティーリポートには投資家の理解を進める有益情報が多数掲載されている。

野村ホールディングス

野村ホールディングス

ビジネスモデル解説が明解
ESGトピックも体系的

証券会社の業務知識がない投資家にとって極めて親切な手引書になっており、ビジネスモデルの説明が明解。社長メッセージは取り組みや成果も含め、経営スタンスが明瞭で生の声を感じさせる。ESGトピックも体系的に整理されており、バランスがよい。

ポーラ・オルビスホールディングス

ポーラ・オルビスホールディングス

投資先として興味を
抱かせるリポート

トーンを抑えたスタイリッシュな作りで読みやすい。CEOメッセージは簡潔にして力強く秀逸。ブランド別の戦略や経営戦略とCSRとのつながりが分かりやすく、非財務資本に関する数値KPIの記載は好感できる。投資先として興味を抱かせるリポート。

丸井グループ

丸井グループ

ユニークでありながら
完成度が非常に高い

判型をコンパクトサイズにし、CEOの哲学が全面に出た従来の殻を破るユニークなリポート。「共創経営」の考え方は投資家も共感できる内容。投資家が知りたい情報がきちんとていねいに説明されている。完成度が非常に高く、他社が見習うべき水準にある。

三井物産

三井物産

価値創造プロセスを軸に
ストーリー性配慮した構成

理解の難しい商社事業を、価値創造プロセスを軸にストーリー性に配慮して分かりやすく簡潔に表現。新中期経営計画についてCEOとCFOが語り、それを支える経営基盤の強化をパネルディスカッション、社外取締役・社外監査役が語る内容は充実している。

三菱ケミカルホールディングス

三菱ケミカルホールディングス

統合報告書の要件を
過不足なく網羅

統合報告書の要件を過不足なく網羅。巻頭の価値創造アプローチの図解は上手に整理されており、後の説明理解に有用。複数の経営層からのメッセージには一貫性があり、信頼性を高めている。分野別の特集も詳細で面白く、長期投資家の興味を喚起する内容。

参加企業一覧

(社名五十音順、株式会社は省略)

  • アサヒグループホールディングス
  • 味の素
  • アステラス製薬
  • アズビル
  • 伊藤忠エネクス
  • 伊藤忠商事
  • 伊藤忠テクノソリューションズ
  • ANAホールディングス
  • SCSK
  • NTTデータ
  • NTTドコモ
  • MS&ADインシュアランス グループ
    ホールディングス
  • オムロン
  • オリエンタルランド
  • オリンパス
  • カゴメ
  • 兼松
  • カプコン
  • 川崎汽船
  • キリンホールディングス
  • 國學院大學
  • コスモエネルギーホールディングス
  • コニカミノルタ
  • 沢井製薬
  • 参天製薬
  • 三和ホールディングス
  • JXTGホールディングス
  • シスメックス
  • 資生堂
  • 商船三井
  • 昭和シェル石油
  • 新生銀行
  • スカパーJSATホールディングス
  • SUBARU
  • 住友化学
  • 住友重機械工業
  • 住友商事
  • 住友生命保険
  • セガサミーホールディングス
  • 双日
  • SOMPOホールディングス
  • 第一三共
  • 第一生命ホールディングス
  • 大建工業
  • 大東建託
  • ダイドーグループホールディングス
  • 大和証券グループ本社
  • 大和ハウス工業
  • ダスキン
  • 中外製薬
  • 中部電力
  • 椿本チエイン
  • TIS
  • DIC
  • 帝人
  • TDK
  • 東京応化工業
  • 東京海上ホールディングス
  • 東京電力ホールディングス
  • 豊田通商
  • トヨタ紡織
  • 長瀬産業
  • ナブテスコ
  • 日清紡ホールディングス
  • 日本政策投資銀行
  • 日本電気
  • 日本電信電話
  • 日本郵船
  • 日本航空
  • 日本たばこ産業
  • 野村総合研究所
  • 野村不動産ホールディングス
  • 野村ホールディングス
  • パナソニック
  • パルコ
  • 阪急阪神ホールディングス
  • 東日本旅客鉄道
  • 富士電機
  • ポーラ・オルビスホールディングス
  • マネックスグループ
  • 丸井グループ
  • 丸紅
  • みずほフィナンシャルグループ
  • 三井化学
  • 三井住友トラスト・ホールディングス
  • 三井物産
  • 三菱ケミカルホールディングス
  • 三菱重工業
  • 三菱商事
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • 三菱UFJリース
  • 安川電機
  • UACJ
  • ユニー・ファミリーマート
    ホールディングス
  • 横河電機
  • LIXILグループ
  • リクルートホールディングス
  • リンテック
  • ローソン
  • ワコールホールディングス
  •  
  •