NIKKEI

PR

日経アニュアルリポートアウォード2019

第21回 日経アニュアルリポートアウォード 各賞決定 グランプリにMS&ADインシュアランス グループ ホールディングス

日本企業が発行するアニュアルリポート(年次報告書)の中で特に優れたものを表彰する
「第21回 日経アニュアルリポートアウォード」の審査がこのほど行われ、
グランプリにMS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、
準グランプリに大和ハウス工業、中外製薬、三井化学が選ばれた。
また、特別に評価すべき点のあったコニカミノルタと丸井グループが特別賞に選ばれた。

(各賞の社名は五十音順、株式会社は省略)

グランプリ

MS&ADインシュアランスグループホールディングス

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス

先進性に富んだガバナンス記述

プロのアナリストやファンドマネジャーもうならせる卓越したリポート。業界の基礎知識や保険用語など運用初心者への配慮も適切。金融機関がここまで開示した例はなく、トップメッセージ、ストーリーの一貫性、ガバナンスの透明性も含め総合的に高く評価。

準グランプリ

大和ハウス工業

大和ハウス工業

長期投資家にアピールする意欲作

長期投資家向けにアピールする意欲的な統合報告であり、今年度の最高水準のリポートの一つ。特に、CFOによる財務・経営成績の検討と分析(MD&A)は説得力が高く他社の手本になる。全体構成がよく、初めての投資家でもこの一冊で同社を理解できる。

中外製薬

中外製薬

毎年改善を重ね完成度が非常に高い

極めて高いレベルを維持し続けながらも毎年改善を重ねており、投資家へのアピール度や統合報告書としての完成度が非常に高い。前年度の事業活動の振り返りも秀逸であり、リスクと機会の説明、開発案件ごとのスケジュールの開示なども将来予測に有用。

三井化学

三井化学

CEOメッセージは率直で要点が明確

ボードメンバー全員笑顔の集合写真が好印象。CEOメッセージは率直で要点を明確にし、報告書全体のサマリーになっている。「経済」「社会」「環境」の3軸経営による企業価値創造プロセスの開示も、独自のKPIによる見える化で説得力がある。

特別賞

コニカミノルタ

コニカミノルタ

ガバナンスセッションが特別に優秀

極めて完成度の高いリポートであり、中でもガバナンスの記載は完璧。モニタリングデータなど客観的かつ明確に中長期戦略を裏付ける数字があり、各委員会の実効性評価なども優れている。ガバナンスの説明で他社の手本となる。充実した英訳版も高評価。

丸井グループ

丸井グループ

可読性の高さが特別に際立つ

手に取って読みやすいコンパクトな判型と、内容全体の一貫性およびユニークな構成は読みやすさの点で特別に優れている。過去数年のリポートとの連続性も高く、目指すビジネスモデルがより鮮明になった。価値観が読者に伝わる説得力の高いリポート。

優秀賞

アサヒグループホールディングス

アサヒグループホールディングス

ESGに対する取り組み
投資家によく伝わる

冒頭のCEOメッセージは秀逸で、統合報告の各要素が自然な形で結合している。SWOT分析も踏まえた分かりやすい説明など工夫が随所に見られ、企業価値拡大をサポートするCFOの財務戦略も具体的。ESGに対する取り組みも投資家によく伝わる。

味の素

味の素

綿密に作り込まれた報告書
うま味と栄養機能が融合

グローバル食品企業トップ10入りという明確な経営目標を据え、実現に向けた統合的な価値ストーリーを示しており、事業を通した社会貢献がよく伝わる。綿密に作り込まれた報告書には「うま味と栄養機能」が融合する当社のものづくり感覚が表れている。

伊藤忠商事

伊藤忠商事

財務データは
非の打ちどころがない

例年高水準のリポートを発行し続け、総合商社の複雑なビジネスモデルを効果的に分かりやすく説明。当社に投資する上で重要な、事業投資判断およびリスク管理の枠組みを簡潔かつ明確に説明しているのは好印象。財務データは非の打ちどころがない。

ANAホールディングス

ANAホールディングス

中期経営戦略の説明が充実
完成度の高いリポート

中期経営戦略の説明が非常に充実している完成度の高いリポート。SDGsへの貢献を使命とする経営方針には真剣味があり、人権への取り組みは他の日本企業にも好事例となる。マテリアリティを特定し、社会課題にリンクしたESG解説も理解しやすい。

カプコン

カプコン

ビジュアルに満ちた報告書
情報開示に独自の工夫

感性に訴えるビジュアルに満ちた楽しいリポート。重要箇所をハイライトした文章も読みやすい。キャピタルゲインとインカムゲインを合わせた株主の総合リターン(TSR)や資本コストを他社比較で明示するなど、情報開示に独自の工夫がある。

島津製作所

島津製作所

持続可能な成長の取り組み
読者によく伝わる

派手さはないが、統合報告書としての完成度は高い。最近のESGやSDGsの時代要請に対し、当社は140年前の創業以来着実に取り組んできたとしつつ、改めて社会課題解決目線でCSRを整理し直して持続可能な成長に取り組む姿が、読者によく伝わる。

住友商事

住友商事

価値創造プロセスにおける
マテリアリティの役割明解

未来志向の新社長のメッセージは、価値創造への熱い思いが伝わる。前年度に策定したマテリアリティを価値創造プロセスにおいて明解に位置付けており、内部で相当な議論が行われたことを感じさせる。指名委員会の役割や役員報酬制度の開示なども高評価。

第一三共

第一三共

ガバナンスの記載内容が
充実し透明度高い

冒頭のCEOと社外取締役の対談で「がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」という2025年ビジョンを丁寧に説明し、CFOメッセージにも株主視点での合理的説明がある。ESG関連のKPIデータや、ガバナンスの記載内容も充実し透明性が高い。

TDK

TDK

将来ビジョン伝わる
完成度の高いリポート

将来へのビジョンが力強く伝わってくる完成度の高いリポート。実効性重視のガバナンスを項目別に詳細に記載しており、ドイツに統括拠点を置く人事部門におけるモニタリング型とマネジメント型の最適バランスという視点は他の日本企業にも参考になる。

ナブテスコ

ナブテスコ

ESG関連の記載が充実
意欲的でレベル高い

ESG関連の記載が充実した、意欲的でレベルの高いリポート。社長と社外取締役と投資家の3者によるてい談は新しい試みで、投資家の理解を得るのに効果的。成長へのロードマップでは事業概要がSWOT分析とともに分かりやすく記載されており好印象。

野村総合研究所

野村総合研究所

進捗状況を評価しやすい
財務・ESGデータの開示

当社の取り組みが簡潔にまとめられたオーソドックスな好リポート。強みとするコーポレートIT分野を中核とした成長戦略の説明には説得力がある。財務・ESGデータも幅広い角度から重点項目を絞って時系列に開示されており、進捗状況が評価しやすい。

不二製油グループ本社

不二製油グループ本社

完成度高い統合報告
ガバナンス開示も充実

当社が初めて取り組んだ統合報告書としては、完成度が高く今後を期待させる。CEOメッセージには長期を見据えた環境認識があり、それを踏まえた2050年、30年の「ありたい姿」、20年の「あるべき姿」は全体把握に有用。ガバナンスの開示も充実。

三井物産

三井物産

誠実で秀逸なリポート
示唆に富む社外取締役対談

統合報告への経営トップの意思が明確に示された誠実で秀逸なリポート。複雑な事業セグメントの解説が明確。セグメントごとの基礎営業キャッシュフローの開示はトップメッセージとも整合しており、全体のバランスがよい。社外取締役の対談も示唆に富む。

三菱ケミカルホールディングス

三菱ケミカルホールディングス

長期投資家との共創を意図
堂々たるリポート

グループポートフォリオ改革を明解に伝える持ち株会社の好リポート。「30年後の世界を見据える長期志向経営」というトップメッセージはESGと親和し、SDGs達成への貢献とも連動。投資家にアピールできている。第三者保証付きESGデータも好評価。

三菱UFJフィナンシャルグループ

三菱UFJフィナンシャル・グループ

CEOメッセージが圧巻
ESG・SDGs情報も充実

CEOメッセージが圧巻。前年度の報告書で提示された環境認識や経営課題について、今年度は何にどう取り組むべきかが具体的に示されており、価値創造プロセスが丁寧に説明されている。ESG課題への取り組みやSDGs関連の情報開示も充実している。

参加企業一覧

(社名五十音順、株式会社は省略)

  • IHI
  • アサヒグループホールディングス
  • 味の素
  • アステラス製薬
  • アズビル
  • アルフレッサ ホールディングス
  • アンリツ
  • 伊藤忠エネクス
  • 伊藤忠商事
  • 伊藤忠テクノソリューションズ
  • ANAホールディングス
  • SCSK
  • NTTデータ
  • NTTドコモ
  • MS&ADインシュアランス グループ
    ホールディングス
  • オムロン
  • オリエンタルランド
  • オリンパス
  • カゴメ
  • 鹿島建設
  • 兼松
  • カプコン
  • 川崎汽船
  • キョーリン製薬ホールディングス
  • キリンホールディングス
  • 神戸製鋼所
  • 國學院大學
  • コスモエネルギーホールディングス
  • コニカミノルタ
  • 小林製薬
  • 三和ホールディングス
  • JXTGホールディングス
  • J. フロント リテイリング
  • シスメックス
  • 資生堂
  • 島津製作所
  • 商船三井
  • 新生銀行
  • SUBARU
  • 住友化学
  • 住友商事
  • セガサミーホールディングス
  • 双日
  • SOMPOホールディングス
  • 第一三共
  • 第一生命ホールディングス
  • 大建工業
  • 大東建託
  • ダイドーグループホールディングス
  • 大日本住友製薬
  • 大和証券グループ本社
  • 大和ハウス工業
  • ダスキン
  • 中外製薬
  • 椿本チエイン
  • TIS
  • TDK
  • 帝人
  • デンカ
  • デンソー
  • 東京応化工業
  • 東京海上ホールディングス
  • 東京電力ホールディングス
  • TOTO
  • 豊田通商
  • トヨタ紡織
  • 長瀬産業
  • ナブテスコ
  • 日揮
  • 日清紡ホールディングス
  • 日本政策投資銀行
  • 日本電気
  • 日本特殊陶業
  • 日本郵船
  • 日本航空
  • 日本たばこ産業
  • 日本電信電話
  • 日本ユニシス
  • 野村総合研究所
  • 野村不動産ホールディングス
  • 野村ホールディングス
  • 博報堂DYホールディングス
  • パナソニック
  • パルコ
  • 阪急阪神ホールディングス
  • 不二製油グループ本社
  • 富士電機
  • 富士フイルムホールディングス
  • ベネッセホールディングス
  • ポーラ・オルビスホールディングス
  • マネックスグループ
  • 丸井グループ
  • 丸紅
  • マンダム
  • みずほフィナンシャルグループ
  • 三井化学
  • 三井住友トラスト・ホールディングス
  • 三井物産
  • 三菱ガス化学
  • 三菱ケミカルホールディングス
  • 三菱重工業
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • 三菱UFJリース
  • ミネベアミツミ
  • 安川電機
  • UACJ
  • ユニー・ファミリーマート
    ホールディングス
  • 横河電機
  • LIXILグループ
  • リクルートホールディングス
  • リンテック
  •  
  •  
  •