日本経済新聞 関連サイト

日経健康セミナー21スペシャル 「日本の未来、社会保障を考える」
~世界に誇る国民皆保険制度を維持するために ジェネリック医薬品ができること~


 国民誰でも医療が受けられる国民皆保険。かけがえのないその制度を維持するために、国民一人ひとりが持つべき医療への視点を提供し、この国の未来をジェネリック医薬品とともに考えます。

開催日時: 2013年2月16日(土) 13:00~15:15
会場: 大阪商工会議所 国際会議ホール(大阪市中央区本町橋2-8)
開場: 12:00
参加費: 無料
定員: 600名
締め切り: 2013年2月5日(火)
※お申し込み多数の場合は抽選の上、受講券をお送りいたします。
※当選の発表は受講券の発送をもって代えさせていただきます。
※ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本フォーラムの実施目的以外には使用しません。
主催: 日本経済新聞社
後援: 全国健康保険協会(協会けんぽ)、日本薬剤師会、国民健康保険中央会、健康保険組合連合会
協賛: 日本ジェネリック製薬協会

《プログラム》

13:00 開演
13:00~14:00 基調講演
「これからの日本経済と社会保障」
 竹中 平蔵氏 (慶應義塾大学教授・グローバルセキュリティ研究所所長) 
14:00~14:15 休憩
14:15~15:15 パネルディスカッション
「次の世代のためにいま、私たちができること ジェネリック医薬品」
パネリスト : 鎌田 光明氏 (厚生労働省 医政局経済課長)
パネリスト : 有山 良一氏(横浜市総合保健医療センター 診療部課長
パネリスト : 有山 良一氏  日本ジェネリック医薬品学会 理事)
パネリスト : 貝谷 伸氏 (全国健康保険協会<協会けんぽ>理事)
パネリスト : 向井 亜紀氏 (タレント)
15:15 終了

お問い合わせ: 日経健康セミナー21「ジェネリック医薬品」事務局
Tel : 0120-779-832 ( 受付時間 10:00~18:00 土、日、祝日を除く )

竹中氏
竹中 平蔵(たけなか へいぞう)氏

慶應義塾大学教授・グローバルセキュリティ研究所所長


1951年、和歌山県生まれ。経済学博士。一橋大学経済学部卒業後、73年日本開発銀行入行、81年に退職後、ハーバード大学客員准教授、慶応義塾大学総合政策学部教授などを務める。01年小泉内閣の経済財政政策担当大臣就任を皮切りに金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣などを歴任。04年参議院議員に当選。06年9月、参議院議員を辞職し政界を引退。
現在、慶応義塾大学総合政策学部教授・グローバルセキュリティ研究所所長。公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、株式会社パソナグループ取締役会長などを兼職。


鎌田氏
鎌田 光明(かまた みつあき)氏

厚生労働省医政局経済課長


昭和61年3月 早稲田大学政治経済学部卒業
昭和61年4月 厚生省入省
平成5年7月 厚生省薬務局経済課課長補佐
平成6年5月 日本貿易振興会ニューヨーク・センター(医薬品部)
平成11年8月 厚生省大臣官房総務課国会連絡調整官
平成15年8月 環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部浄化槽推進室長
平成17年8月 厚生労働省医政局看護課看護職員確保対策官
平成19年8月 厚生労働省大臣官房総務課広報室長
平成21年7月 内閣総理大臣官邸内閣参事官
平成23年7月 厚生労働省医政局経済課長


有山氏
有山 良一(ありやま りょういち)氏

横浜市総合医療保健センター診療部課長、日本ジェネリック医薬品学会理事


昭和47年 日本大学理工学部薬学科(現薬学部)卒業
同年    横浜市に入庁:横浜市立大学医学部附属病院薬剤部配属
平成3年  横浜市立大学附属病院薬剤部係長
平成13年 横浜市立市民病院薬剤部副薬剤部長
平成17年 横浜市立大学附属病院副薬剤部長
平成20年 横浜市立大学附属病院薬剤部担当部長
平成22年 (公益財団法人)横浜市総合保健医療センター診療部課長


貝谷氏
貝谷 伸(かいや しん)氏

全国健康保険協会理事


1978年(昭53年)3月 京都大学法学部卒業
1978年(昭53年)4月 厚生省(現厚生労働省)入省
1999年(平11年)8月 厚生省 健康政策局指導課長
2001年(平13年)1月 厚生労働省 老健局介護保険課長
2003年(平15年)8月 厚生労働省 保険局保険課長
2004年(平16年)7月 厚生労働省 年金局総務課長
2006年(平18年)9月 農林水産省 大臣官房審議官
2007年(平19年)8月 社会保険庁 社会保険大学校長
2008年(平10年)10月 全国健康保険協会 理事(現職)


向井亜紀
向井 亜紀(むかい あき)氏

タレント


1964年埼玉県生まれ。日本女子大学在学中、ラジオ番組のDJとして人気を集め、以後テレビ、ラジオ、エッセー執筆などで幅広く活動。94年、格闘家の高田延彦(たかだ のぶひこ)と結婚。2000年、妊娠するも子宮頚がんによる子宮全摘出で、16週の小さな命を失う。03年、米国での代理出産により双子の男子を授かる。現在はテレビの司会、ラジオや全国での講演などで活躍。また夫 高田延彦とともに開催している子供向け体育教室『高田道場ダイヤモンドキッズカレッジ』ではMCとして参加し、全国各地で のべ9,000人以上の子ども達に身体を動かす楽しさを伝えている。



日経アドネットについて

日本経済新聞社について