日本経済新聞 関連サイト

《申し込みを締め切りました》

ロゴ

Feel New Kyushu フォーラム2014 ~深く味わう、新しい九州~

九州は風光明媚な自然をはじめ、豊富な食や歴史遺産、温泉、さらには地元の人々の人情あふれるおもてなしの心など観光地としての幅広い魅力にあふれています。近頃では、九州新幹線や東九州自動車道、そして多様な観光列車の開通によって、”九州周遊”という新たな楽しみ方を提供しています。訪れたことがある方には「何度も訪れたい」場所として、これからの方には「是非訪れたい」場所として九州のことを知っていただけるようさまざまな魅力を紹介していきます。会場では素敵な景品があたるプレゼント抽選会も実施いたします。


■ 開催概要
開催日時
2014年9月20日(土)  14:00~17:00 * 開場 13:30
会場
日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル 3F)
参加費
無料
定員
600名
締め切り
2014年9月11日(木)
* お申し込み多数の場合は抽選のうえ、当選の発表は受講券の発送または受講メールの発信をもって代えさせていただきます。
* お申し込みはお一人につき1回でお願いします。
主催
日本経済新聞社 西部支社
協賛
薩摩酒造、JR九州、JTB九州、博多座、羽子田人工授精所(大崎町)、ホテルオークラ福岡、ホテル日航福岡 ほか

■ プログラム
13:30
開場
14:00
開会
14:05~14:55
【スペシャルトーク】
「火野流、九州旅のススメ」  火野正平氏
14:55~15:10
休憩
15:10~16:30
【パネルディスカッション】
「九州周遊、日本のプレミアムを知る旅」
 パネリスト: 坂口光一氏
 パネリスト: せきねきょうこ氏
 パネリスト: 野田隆氏
 コーディネーター: 堤 信子氏
16:30~16:50
九州の特産品があたる抽選会
17:00
終了
*プログラムの時間割・講義内容及び講演者は変更する場合があります。

お問い合わせ
Feel New Kyushuフォーラム事務局
Tel:03-3545-2371 (受付時間 10:00~18:00 土、日、祝日を除く)


火野氏写真
火野正平氏 
俳優

1949 年東京都生まれ。12 歳から「劇団こまどり」に 所属。73 年のNHK大河ドラマ「国取り物語」の秀吉が当たり役となり、 一躍注目を集める。74 年『俺の血は他人の血』に主演し、映画デビュー。 以後、ドラマや映画に多数出演。現在、NHK BS プレミアム「にっぽん縦断 こころ旅」に旅人として出演、全国各地を自転車「チャリオ」で旅している。


坂口氏写真
坂口光一氏  
九州大学大学院教授

1953年生まれ。福岡県大牟田市出身。九州経済調査協会で地域の産業・経済分析や計画づくりに従事したのち九州大学へ。2006年より現職。文理を統合する「ユーザー感性学」という新分野に取り組んでいる。昨年7月に、九州各地の焼酎蔵元に呼びかけて「Sho-Chuプロジェクト」を起ち上げ、現在、代表理事として焼酎と九州をセットで世界デビューにさせブランド化する活動を展開している。


せきね氏写真
せきねきょうこ氏  
ホテルジャーナリスト

仏国アンジェ西カトリック大学留学後、スイスの山岳リゾート地で観光案内所に勤務中、ホテル住まいを経験。仏語通訳を経て94年、ジャーナリズムの世界へ。ホテル・旅館の「環境問題、癒し、もてなし」をテーマに現場取材が基本。雑誌、新聞など連載多数。最新刊「1度は行きたい世界のホテル&リゾート」(2014年3月・枻出版刊))他多数。http://www.kyokosekine.com


野田氏写真
野田隆氏  
旅行作家

1952年名古屋市生まれ。早稲田大学大学院修了(国際法)。長年、都立高校に勤務のかたわら、ヨーロッパや日本の鉄道旅行を中心とした著作を発表してきたが、2010年3月に早期退職後、フリーとして活動。日本旅行作家協会理事、総合情報サイトAll About「鉄道」ガイドも担当。おもな著書「テツはこんな旅をしている」「ヨーロッパ鉄道旅行の魅力」(平凡社新書)、「定年からの鉄道旅行のススメ」(洋泉社新書)、「出張ついでのローカル線」(メディアファクトリー新書)など。http://homepage3.nifty.com/nodatch/


堤氏写真
堤信子氏  
キャスター

1962年生まれ、福岡県出身。85年青山学院大学経済学部卒業。同年FBS福岡放送入社。アナウンサー勤務。「ズームイン!!朝!」の福岡・佐賀担当レポーターとして脚光を浴びる。90年にNNN系列アナウンス優秀賞受賞。95年同社退社。フリーアナウンサーとしてテレビ、CM、イベントなど多方面に活躍の場を広げている。「旅鞄いっぱいの京都・奈良~文房具と雑貨の旅日記」(12年4月発売)など著書も好評。


日経アドネットについて

日本経済新聞社について