日本経済新聞 関連サイト

シンポジウム
「グローバル経済を支える 公認会計士の魅力と社会的責務」

 経済社会の健全な発展に貢献し続ける公認会計士ですが、ビジネスが急速にグローバル化する中、ますますその役割の重要性は高まっております。従来の監査に留まらず、コンサルティング業務など多彩な活動で企業はもちろんのこと地方公共団体、学校法人等の幅広い対象をサポートしています。
 本シンポジウムでは、若手会計士や有識者の話を通じて、経済全体の健全な発展に貢献している「公認会計士のいまの姿」を紹介します。特に学生、若手ビジネスパーソンの皆様、ふるってご参加ください。

開催日時: 2015年12月1日(火) 15:00~17:45(予定)  (14:30開場)
会場: 早稲田大学大隈記念講堂 小講堂 (東京都新宿区戸塚町1-104)
※会場名をクリックすると外部サイトにつながります。
受講料: 無料
定員: 300名
締め切り: 2015年11月26日(木)
※登録いただいたメールアドレスあてに「受講券」をお送りします(締切後発送)。
※申し込み多数の場合は抽選となりますのでご了承ください。
※結果発表は、当選者への「受講券」の発送(Eメールにて)をもって代えさせていただきます。
※ご記入いただいた個人情報は、ご本人の承諾なく受講券送付・受付業務等以外には使用しません。
主催: 日本経済新聞社 
協力: 会計大学院協会、早稲田大学大学院会計研究科
特別協賛: 日本公認会計士協会
協賛: 有限責任 あずさ監査法人、新日本有限責任監査法人、有限責任監査法人 トーマツ、
PwCあらた監査法人、仰星監査法人、三優監査法人、太陽有限責任監査法人 ほか


◆プログラム

15時00分
~15時15分
オープニング
森 公高 氏(日本公認会計士協会会長) 
15時15分
~15時35分
基調講演
Olivia Kirtley 氏(国際会計士連盟会長)
※逐次通訳
15時35分
~16時25分
座談会
「公認会計士としての日々」
細矢 典利 氏(有限責任 あずさ監査法人 アカウンティング・アドバイザリー・サービス マネジャー)
樋口 奈津子 氏(新日本有限責任監査法人 金融部)
斎藤 祐馬 氏(トーマツ ベンチャーサポート株式会社 事業統括本部長)
門澤 麻里 氏(PwC あらた監査法人 第2金融部マネージャー)
モデレーター:
八塩 圭子 氏(学習院大学経済学部特別客員教授、フリーアナウンサー、コメンテーター)
16時25分
~16時35分
休憩
16時35分
~17時45分
パネル討論
「グローバル経済を支える公認会計士の社会的責務」
村井 章子 氏(翻訳家 『帳簿の世界史』訳者)
川村 義則 氏(早稲田大学大学院会計研究科教授)
近藤   周 氏(三井物産株式会社 経理部会計基準室 室長)
山田 治彦 氏(日本公認会計士協会副会長)
モデレーター:八塩 圭子 氏
※講演者・講演内容・タイムスケジュールは事前の予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ: 「会計士の魅力と社会的責務シンポジウム」事務局
Tel:03-3545-9832(10:00~18:00、土・日・祝日除く)

日経アドネットについて

日本経済新聞社について