日本経済新聞 関連サイト

農林水産省補助事業 食の安全・信頼シンポジウム
~フードチェーンで取り組む食の未来

食の安全や環境配慮等の持続可能性、消費者からの信頼への取組の強化は、「農場から食卓まで」と言われるようにフードチェーンを通じて取り組むべき喫緊の課題となっています。農業や食品製造の分野では、第三者認証制度を利用した食の安全等の確保と「見える化」に期待が高まっています。今回、初の試みとして、日本発の農業分野の認証制度であるJGAPを開発する日本GAP協会と、日本発の食品事業分野の認証制度であるJFS規格を構築・運用する食品安全マネジメント協会が連携して、フードチェーン全体を扱うシンポジウムを開催します。食の未来を見据えた講演や、農場から食卓までの「食の安全や持続可能性、消費者からの信頼」への取組、国際的趨勢、農場や企業の認証取得事例の紹介を通じて、フードチェーン全体で責任を共有し食の未来の形について考えます。

開催日時
2017年7月11日(火) 10:30~16:30 (開場・受付開始 10:00)
会場
日経ホール  (東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3階)
主催
一般財団法人日本GAP協会、一般財団法人食品安全マネジメント協会
共催
SOMPOリスケアマネジメント株式会社
協力
日本経済新聞社
参加費
無料
定員
600名 (事前申込み先着順)
※希望者が多数の場合は、定員に達した時点で受付を締め切らせていただきますので、あらかじめ御了承願います。
お申し込みについて
先着順
※定員に達し次第、申し込みを締め切らせていただきます。
お問い合わせ
食の安全・信頼シンポジウム事務局
TEL:03-6812-8689 (受付時間10:00~17:30 土、日、祝日を除く)


《プログラム》
10:40-11:00
来賓講演
農林水産省
11:00-11:25
基調講演 「食品安全とその未来:社会の中のフードシステム」
宮城大学食産業学群(経営学系) 教授 三石 誠司 氏
11:25-11:50
特別講演 「流通・小売における国際的な食品安全規格と調達方針」(仮)
GFSI理事 兼 日本ローカルグループ議長、イオン株式会社 品質管理部長 岸 克樹 氏 
11:50-12:30
日本発のGAP(JGAP) ・食品安全管理規格(JFS)の取組状況
一般財団法人日本GAP協会 事務局長 荻野 宏 氏
一般財団法人食品安全マネジメント協会 事務局長 亀山 嘉和 氏
13:40-14:40
事例発表 「JGAP及びJFS認証取得の事例」
JGAP認証取得農場/JFS認証取得企業2社(予定)
15:00-16:20
トークセッション 「規格認証取得の取組における工夫と展望」(仮)
JGAP認証取得農場/JFS認証取得企業(予定)
日本生活協同組合連合会 品質保証本部 総合品質保証担当 内堀 伸健 氏
GFSI理事 兼 日本ローカルグループ議長、イオン株式会社 品質管理部長 岸 克樹 氏

モデレーター:日本経済新聞社編集委員兼論説委員 志田 富雄
※ 16時30分までパネル展示がございます。
※ 講師、講演内容については、都合により変更になる場合がございますので予めご了承ください。


三石 誠司 氏
宮城大学食産業学群(経営学系)教授、大学院食産業学研究科副研究科長、農場長

全国農業協同組合連合会、米国全農組貿株式会社等を経て、2006年より現職。農政調査委員会の編集委員を務めるほか、農林水産省、経済産業省、財務省等の各種委員会で各種委員等を歴任


岸 克樹 氏
GFSI理事 兼 日本ローカルグループ議長、イオン株式会社 品質管理部長

2015年よりイオン株式会社現職、2016年よりGFSI理事。公職として内閣府消費者委員会食品表示部会委員、農林物資規格調査会委員(ともに現職)等