日本経済新聞 関連サイト

文書電子化が変える業務改革最前線
〜デジタル時代の業務効率化とコスト最適化〜


2017年1月に改正された「e-文書法(電子帳簿保存法)」によってスマホ等で撮影し、 タイムスタンプが押された領収書の画像があれば紙の原本が不要となりました。 これにより大幅な間接コストの削減と企業の生産性の向上が可能になります。 最新のICTを利用した業務効率化によるワークフローの改善や間接費の削減は、 企業価値を最大化させる上で各企業が最も重要視する課題のひとつでしょう。 本フォーラムを通じて、各企業が日常の業務を行う上で抱える課題に対し、改正された「e-文書法」に対応する解決策と導入メリットを分かりやすく解説いたします。

【開催概要】
開催日時
2017年6月5日(月) 13:00~16:50予定
会場
日経カンファレンスルーム  (東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル6階)
主催
日本経済新聞社
協賛
日立ソリューションズ、スミセイ情報システム、トランスコスモス/トレードシフト
締め切り
5月29日(月) 17:00
※お申し込み多数の場合は抽選のうえ、当選の方に受講券メールをお送りいたします。当選の発表は受講券メールの連絡をもって代えさせていただきます。
※ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本フォーラムの実施目的以外には使用いたしません。
参加費
無料
定員
250人
お問い合わせ
Tel : 03-6812-8648 (土・日・祝日を除く平日 10:00~12:00/13:00~17:00 )
Mail : ss-forum@nikkeipr.co.jp


【プログラム】
13:00~13:50
(50分)
オープニング講演
「税務関係書類のスキャナ保存の概要と導入の検討方法」
袖山 喜久造 氏
(SKJ総合税理士事務所 所長・税理士)
13:50~14:30
(40分)
協賛社プレゼンテーション①
「AIで紙文書デジタル運用が変わる~電子帳簿保存法の実践とデータエントリ業務改革~」
成田 丈夫 氏
(株式会社日立ソリューションズ ビジネスコラボレーション本部 レポートソリューション部 主任技師)
14:30~15:10
(40分)
協賛社プレゼンテーション②
「はじめる前に押さえておこう!電子帳簿保存法対応の勘所
~経費・旅費精算ワークフローの改善で業務効率化~」

西野 有紀 氏
(スミセイ情報システム株式会社 システムソリューション本部 システムソリューション第2部 上席コンサルタント)
15:10~15:20
(10分)
休憩
15:20~16:00
(40分)
協賛社プレゼンテーション③
「デジタルプラットフォーム×アウトソーシング
~スピード重視のデジタル時代。業務改革を成功に導くためのベストプラクティスとは?~」

加藤 弘毅 氏(トランスコスモス株式会社 サービス推進本部 コンサルティング統括 エグゼクティブマネジャー)
菊池 孝明 氏(トレードシフトジャパン株式会社 ゼネラルマネジャー)
16:00~16:50
(50分)
クロージング講演
「デジタル技術の活用による業務効率化と生産性向上」
土田 昭夫 氏
(デロイト トーマツ コンサルティング ヒューマンキャピタル 事業責任者)
※ 講師、講演内容については、都合により変更になる場合がございますので予めご了承ください。


袖山氏
袖山 喜久造 氏
SKJ総合税理士事務所 所長・税理士

平成27、28年度の税制改正で、領収証や請求書など税務関係書類のスキャナ保存の法令要件が大幅に緩和され、紙の保存からデータによる保存がしやすくなりました。また、スキャナ保存は決められた手順に基づいて証憑をデータ化することになるため、支払業務等の業務標準化や内部統制の強化にもつながります。本講演では、スキャナ保存が規定されている電子帳簿保存法の概要と文書電子化の導入の検討方法についてお話しします。

株式会社日立ソリューションズ 成田 丈夫 氏
成田 丈夫 氏
株式会社日立ソリューションズ ビジネスコラボレーション本部 レポートソリューション部
主任技師

電子帳簿保存法の改正に伴いスキャン文書の電子保管が身近になりました。システム面の法的要件対応を支援する電子帳票システムと、システム選定時のポイントを紹介します。また、スキャン文書の検索用キーワードを、文書上の記載内容からAIで自動抽出し、業務システムのデジタルデータとして活用するソリューションをご紹介します。本ソリューションにより、紙文書を扱う業務の効率化とコスト低減を実現します。

西野様
西野 有紀 氏
スミセイ情報システム株式会社 システムソリューション本部 システムソリューション第2部 上席コンサルタント

本セッションでは、業務改革を目指した電子帳簿保存法対応の成功ポイントは何かについて、事 例を交え対応方法をご紹介します。 また、企業の会計業務に精通したコンサルタントが作り上げた経費・旅費精算システム『皆伝!』の働き方改革ソリューションをご紹介します。

加藤氏&菊池氏


上:加藤 弘毅 氏
トランスコスモス株式会社 サービス推進本部 コンサルティング統括 エグゼクティブマネジャー

下:菊池 孝明 氏
トレードシフトジャパン株式会社 ゼネラルマネジャー



紙やFAXを用いた業務の非効率さを理解しつつも、デジタル技術を用いた業務改革への着手に躊躇する企業も多いのではないでしょうか?本セッションでは、トランスコスモスとトレードシフトによる「デジタル・アナログ」、「技術・ヒト」を組合わせた日本企業に適したデジタルトランスフォーメーションのアプローチを事例を交えてご紹介いたします。

土田 昭夫 氏
土田 昭夫 氏
デロイトトーマツコンサルティング ヒューマンキャピタル 事業責任者

「働き方改革」が社会的課題として注目されています。改革の一つの大きなテーマが生産性向上であり、業務効率化による労働量削減はその要です。ソーシャル、モバイル、アナリティクス、クラウド、ロボティクス等のデジタル技術によって、業務はどのように効率化されていくのか、働き方はどう変わるのかについて、事例を交えて解説します。

日経アドネットについて

日本経済新聞社について