日本経済新聞 関連サイト

第7回「環境未来都市」構想推進国際フォーラム
地方創生に向けたSDGsの取組
~環境未来都市の5年間の取組総括と国際化も視野に含めた今後の展開~

「環境未来都市」構想推進国際フォーラムは国内外の各都市や有識者に登壇いただき、世界共通の課題である環境問題・超高齢化の課題解決に向けて議論する国際会議です。
第7回となる今回の国際フォーラムのテーマは「地方創生に向けたSDGsの取組 ~環境未来都市の5年間の取組総括と国際化も視野に含めた今後の展開~」であります。これまでの「環境未来都市」構想の実績を踏まえ、地方創生における自治体SDGs達成のための取組を推進するに当たっての基本的考え方について、国内実施・国際連携の両面から議論し、今後の方向性を考察します。
開催日時
2017年10月4日(水) 9:30~17:30 (開場 9:00)
会場
柏の葉カンファレンスセンター  (千葉県柏市若柴178-4 三井ガーデンホテル柏の葉2階)
※会場名をクリックすると、外部サイト(会場のサイト)に遷移します。
主催
内閣府、「環境未来都市」構想推進協議会
後援
日本経済新聞社
参加費
無料
定員
300名
締め切り
2017年9月20日(水) 17:00
※お申し込み多数の場合は抽選の上、ご登録いただいたメール宛にご連絡いたします。当選の発表はメールのご連絡をもって代えさせていただきます。
※ご記入いただいた個人情報は、ご本人の承諾なく本フォーラムに関する連絡以外には使用いたしません。
お問い合わせ
第7回「環境未来都市」構想推進国際フォーラム運営事務局
mail : kankyoumiraitoshi@creative-net.co.jp


《プログラム》 ※講演内容、パネリスト、タイムスケジュールは事前の予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。 
9:30~10:00
開会
【主催者挨拶】 
梶山 弘志 氏(内閣府特命担当大臣<地方創生担当>)※予定
北橋 健治 氏(「環境未来都市」構想推進協議会会長/北九州市長)
【開催地挨拶】 
秋山 浩保 氏(柏市長)
10:00~10:30
<基調講演>地方創生に向けたSDGsの取組
河村 正人 氏(内閣府地方創生推進事務局長)
10:30~12:00
<セッションⅠ>「環境未来都市」構想とSDGsの理念
【コーディネーター】 
村上 周三 氏(一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構 理事長) 
【パネリスト】
北橋 健治 氏(北九州市長)
蟹江 憲史 氏(慶応義塾大学大学院・政策メディア研究科 教授) 
ジノ・ヴァン・ベギン 氏(イクレイ 世界事務局長) 
アイサ・キラボ・カチラ 氏(国連人間居住計画〈ハビタット〉事務局次長)
12:45~13:35
<パネルツアー>
藤野 純一 氏(公益財団法人 地球環境戦略研究機関 上席研究員/
          国立環境研究所 主任研究員)
13:45~15:15
<セッションⅡ>自治体SDGsにおけるパートナーシップの推進 
           ~柏市における公・民・学連携の取組から~
【コーディネーター】 
出口 敦 氏(東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授) 
【パネリスト】
秋山 浩保 氏(柏市長)
後藤 良子 氏(株式会社 URBANWORKS 代表取締役) 
野田 武則 氏(釜石市長) 
アレハンドロ・エチェベリ 氏(EAFIT大学都市環境研究センター〈URBAM〉ディレクター)
15:30~17 :00
<セッションⅢ>地方創生につながる国内外のSDGs推進の事例
【コーディネーター】
竹本 和彦 氏(国際連合大学サスティナビリティ高等研究所 所長) 
【パネリスト】 
森 雅志 氏(富山市長)
浜中 裕徳 氏(一般社団法人イクレイ日本 理事長/
          公益財財団法人 地球環境戦略研究機関 特別研究顧問)  
リドワン・カミル 氏(インドネシア共和国バンドン市長) 
ステファン・ヒルトン 氏(英国ブリストル市の有識者)
17:15~17:30
総括
村上 周三 氏(セッションⅠ・総括コーディネーター) 
出口 敦 氏(セッションⅡコーディネーター) 
竹本 和彦 氏(セッションⅢコーディネーター)
※SDGsについて
「持続可能な開発目標」Sustainable Development Goalsの略。2015年9月の国連サミットで採択された2030年を期限とする先進国を含む国際社会全体の17の開発目標。全ての関係者(先進国、途上国、民間企業、NGO、有識者等)の役割を重視し、「誰一人取り残さない」社会の実現を目指して、経済・社会・環境をめぐる広範な課題に統合的に取り組むもの。

日経アドネットについて

日本経済新聞社について