日本経済新聞 関連サイト

ロゴ

金メダリストが語る!
WHO I AMフォーラム with OPEN TOKYO


国際パラリンピック委員会(IPC)とWOWOWが共同で立ち上げたドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」。東京パラリンピック開催の2020年まで5年間にわたる本シリーズのシーズン2が10月29日からスタートします。初回放送に先立ち、特別試写会を開催いたします。シーズン1に出演した現役のパラリンピアンであるマールー・ファン・ライン選手、国枝慎吾選手などのゲストをお迎えします。

■ OPEN TOKYO とは ■
OPEN TOKYOは、世界に東京をひらくムーブメントです。 障がい者、高齢者、子ども、子どもを育てる親、LGBT、外国人などを含む すべての人々が楽しめる都市・東京を実現するために、様々な形で情報発信をしていきます。

開催日時
2017年10月27日(金) 18:00~20:30 (開場17:30予定)
会場
ベルサール飯田橋駅前  (東京都千代田区飯田橋3-8-5)
主催
WOWOW、日本経済新聞社オリンピック・パラリンピック推進室
特別協力
タイムアウト東京
登壇者
マールー・ファン・ライン選手 (オランダ/陸上)
国枝 慎吾選手 (車いすテニス)
朝原 宣治 氏 (元陸上日本代表)
松岡 修造 氏
西島 秀俊 氏 (「WHO I AM」ナビゲーター&ナレーター) ほか
参加費
無料
定員
250名
締め切り
2017年10月17日(火)
※お申し込み多数の場合は抽選の上、ご登録いただいたメール宛にご連絡いたします。
※当選の発表はメールのご連絡をもって代えさせていただきます。
※ご記入いただいた個人情報は、ご本人の承諾なく本フォーラムに関する連絡以外には使用いたしません。
お問い合わせ
WHO I AMフォーラム with OPEN TOKYO 事務局
TEL:03-3545-9832 (10:00~18:00、土・日・祝日を除く)


< プログラム >
18:00~
オープニング
 主催者挨拶 : 田中 晃 (WOWOW代表取締役社長)
 来賓挨拶  : 山脇 康 氏 (国際パラリンピック委員会理事 )
18:10~
OPEN TOKYO Talk
19:10~
WHO I AM 特別試写会
  「WHO I AM:パラリンピックに舞い降りた最強の不死鳥:ベアトリーチェ・ヴィオ」
※ 登壇者、プログラムの内容については、都合により変更になる場合がございますので予めご了承ください。


< プロフィール >

マールー・ファン・ライン選手
マールー・ファン・ライン選手
(オランダ/陸上)

1991年生まれ、オランダ出身。両膝下切断の義足スプリンター。T43クラス・100m/200m/400m世界記録保持者。パラ水泳選手として国際大会にも出場していたが、陸上に転向と同時にその才能を開花。2012年パラリンピック・ロンドン大会200mで金メダル、100mで銀メダル獲得。2014年には100mと200mの世界記録を更新した。そして昨年のパラリンピック・リオ大会では見事に100mと200mで金メダルを獲得。陸上界のみならずスポーツ界が注目する、史上最速ブレード女王。


国枝 慎吾選手
国枝 慎吾選手
(車いすテニス)

1984年生まれ、東京都出身。9歳の頃、脊髄腫瘍を発病し車いす生活を送ることに。2年後、母の勧めで車いすテニスと出会う。2004年パラリンピック・アテネ大会ダブルスで金メダル獲得。アジア人初の世界ランキング1位、車いすテニス史上初の年間グランドスラム、前人未到のパラリンピック・シングルス2連覇(北京、ロンドン)、シングルス連勝記録(107連勝)などを打ち立てる。2020年東京オリンピック・パラリンピック招致アンバサダー。昨年以降は怪我に悩まされるも、2020年に向け復権を誓う。


日経アドネットについて

日本経済新聞社について