日本経済新聞 関連サイト

ロゴ


「きれいな空気が、日本を健康にする
-医療と企業の連携が創出する“クリーンエア”ビジネスとは-」

 これまでにない「空気・大気環境を良くする産業」を興そうという動きがあります。呼吸器やアレルギーの疾患をよく知る医師を中心に、製薬会社のみならず生活全般に関わる企業・団体が一体となって、予防から治療までの環境をトータルに整備していこうとするものです。呼吸器やアレルギーの疾患は、「発症に気づきにくい」「継続治療が重要だが、症状緩和による治療離脱者が多い」といった課題を抱え、早期発見と継続的なサポートのしくみが重要と言われています。疾患の大きな要因は生きるために不可欠な大気。生活環境に深く入り込んだ呼びかけが必要となります。
 そこで、日経ビジネスイノベーションフォーラムでは、医療従事者だけでなく、日常生活に根ざした生活関連製品を扱っている方々にも呼びかけ、産官学の関係者が一堂に介し、「質の高いクリーンエア社会の実現」に向けたこれからの「クリーンエアビジネス」のあり方・作り方について、議論いたします。

開催日時
2017年12月11日(月) 13:30~17:30 (13:00開場)
会場
日経カンファレンスルーム (千代田区大手町1-3-7 日経ビル6F)
参加費
無料
定員
350名
締切
2017年12月1日(金)
特記事項
*お申し込み多数の場合は抽選のうえ、当選の方に受講券メールをお送りいたします。
*当選の発表は受講券メールの連絡をもって代えさせていただきます。
*ご記入いただいた個人情報はご本人の承諾なく本フォーラムの実施目的以外には使用いたしません。
主催
日本経済新聞社 クロスメディア営業局
共催
一般社団法人 クリーンエア(JCAA)
セッション共催
日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
特別協賛
ダイソン株式会社、株式会社ダスキン
協賛
アイング株式会社、株式会社ファンケル
お問い合わせ
日経ビジネスイノベーションフォーラム「きれいな空気が、日本を健康にする」事務局
Tel:03-6812-8693(受付時間 9:30~17:30 土、日、祝日を除く)
e-mail:business-innovation@nikkeipr.co.jp



**********************************************



 ■ プログラム ■
 *講演者・講演内容・タイムスケジュールは事前の予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

13:30~13:40
基調講演
「これからの未来を培うクリーンエア」
橋本 修 氏 (JCAA理事長 / 日本大学 医学部内科学系呼吸器内科学分野 主任教授) 
13:40~14:10
共催特別セッション
「松阪市にみるCOPD対策モデル都市」
<パネリスト>
 畑地 治 氏 (松阪市民病院 呼吸器センター センター長)
 久野 譜也 氏
 (筑波大学大学院 人間総合科学研究科 教授/Smart Wellness City首長研究会 事務局長)
<ファシリテーター>
 橋本 修 氏
<共催>
 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
14:10~14:40
特別講演1
「ダイソンが取り組む、室内環境のAir Quality分析から始まる製品開発(仮題)」
ドミニク・メイソン氏 (ダイソン株式会社 研究デザイン開発 空調家電製品開発責任者)
14:40~15:10
特別講演2
「クリーンエアを目指して 室内の環境改善の実現
呼吸器疾患(ぜん息)患者家庭の事例紹介(仮題)」

前田 親男 氏(株式会社ダスキン クリーン開発本部開発研究所 研究員)
15:10~15:20
休憩
15:20~15:50
特別講演3
調整中
15:50~17:00
トークセッション
「クリーンエア社会の実現に向けた、産業界の役割とは」
<パネリスト>
 西川 和見 氏(経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課 課長)
 前田 親男 氏
 ダイソン担当者
 他
 <ファシリテーター>
 玉置 淳 氏(JCAA理事 / 東京女子医科大学内科学第一講座主任教授)
 橋本 修 氏
17:00~17:30
ネットワーキング


 ■ 登壇者 ■

橋本氏
橋本 修 氏

一般社団法人クリーンエア 理事長 / 日本大学 医学部内科学系 呼吸器内科学分野 主任教授


1981年、日本大学大学院医学研究科修了。85年、米国ルイジアナ州立大学メディカルセンタ−内科リウマチ部門Postdoctral fellow。90年、国立立川病院呼吸器科医長。98年、日本大学医学部講師 第一内科(現、内科学系呼吸器内科学分野)。2007年、同大学医学部教授 内科学系呼吸器内科学分野。08年、日本大学板橋病院呼吸器科内科部長。15年、日本大学医学部教授睡眠学分野(寄附)(兼務)。日本内科学会評議員、日本呼吸器学会理事長、日本呼吸ケアリハビリテーション学会副理事長、日本アレルギー学会理事、米国胸部疾患医学会員,欧州呼吸器学会員など。

畑地氏
畑地 治 氏

松阪市民病院 呼吸器センター センター長


1991年、自治医科大学卒業、6月三重県立総合塩浜病院研修医(ローテート研修)。93年4月、紀南病院内科医員。96年4月、紀和町立紀和診療所長。97年4月、三重大学呼吸器内科医員、川崎医科大学病理学教室研修。98年4月、紀和町立紀和診療所長。99年4月、三重大学呼吸器内科医員。2003年7月、松阪市民病院呼吸器科科長。12年4月、同病院呼吸器センター長(現職)。日本呼吸器学会専門医・指導医、結核・抗酸菌学会専門医・指導医、がん治療認定医機構認定医、日本内科学会総合内科専門医、医学博士。

久野氏
久野 譜也 氏

筑波大学大学院 人間総合科学研究科 教授 / Smart Wellness City首長研究会 事務局長


1992年3月、筑波大学大学院博士課程医学研究科修了(医学博士)。同年、東京大学助手教養学部保健体育科。94年、Pennsylvania大学医学部(米国)客員研究員(文部省在外研究員)。96年、筑波大学講師体育科学系。2002年、株式会社つくばウエルネスリサーチ代表取締役社長兼任。04年、筑波大学大学院人間総合科学研究科助教授(07年~准教授)。11年、同大学院人間総合科学研究科教授(現職)。「環境未来都市推進委員会」委員、「IT戦略本部・新戦略推進専門調査会 医療・健康分科会」委員。「健康・医療・福祉のまちづくり研究会」委員。「個人への予防インセンティブ検討ワーキンググループ」委員。Smart Wellness City首長研究会事務局長。日本介護福祉・健康づくり学会副会長。スマートウエルネスコミュニティ協議会副会長。

前田氏
前田 親男 氏

株式会社ダスキン クリーン開発本部開発研究所 研究員


1986年、株式会社ダスキン入社。2011年、開発研究所に転属後、現職。12年より、ハウスダストとダニ抗原の影響について調査・検討を始める。ハウスダストやダニアレルゲンの低減が喘息児家庭において、環境改善や患児の症状緩和にどのような影響を及ぼすかを研究。長期的な介入による環境改善は、家庭内のアレルゲン低減と維持をコントロールできることを実証。また、患児や保護者のアドヒアランスやQOLの向上する根拠を示し、共同研究者のアレルギー専門医と共に論文を発表する。研究から得られたノウハウとして、室内塵やダニアレルゲンの視覚化する技術を開発し、患者と家族の環境衛生に関する行動変容を促す「プログラム ダスキンアレルギーコントロールプラン=DAP」を確立し、アレルギー疾患に苦しむ家庭への貢献を目指しさらなる研究を進めている。

西川氏
西川 和見 氏

経済産業省 ヘルスケア産業課長


1996年、通商産業省入省。米国留学(ノースウェスタン、ジョージタウンロースクール、NY州弁護士)、防衛庁防衛政策課(日米防衛協力)、通商機構部(WTOドーハラウンド交渉)、中小企業庁金融課(リーマンショック対策)等を経て、大臣官房政策企画委員として総合調整、東日本大震災対策等を実施。産業政策局政策企画官として日本再興戦略の立ち上げに関与後、アジア担当の産業調査員としてシンガポールに赴任し、アジアの経済統合を担当。帰国後、通商戦略の立案、産業政策のグローバル化を担当したのち、2017年7月にヘルスケア産業課長に就任(現職)。

玉置氏
玉置 淳 氏

一般社団法人クリーンエア 理事 / 東京女子医科大学 内科学第一講座 主任教授


1978年、東北大学医学部卒業。80年、国立療養所東京病院厚生技官。81年、東京女子医科大学第一内科助手。85年、カリフォルニア大学サンフランシスコ校 CVR。91年、東京女子医科大学第一内科講師。97年、同大学第一内科助教授。2003年、同大学第一内科教授。日本内科学会評議員、日本呼吸器学会常務理事、日本アレルギー学会常務理事、米国胸部医学会員、欧州呼吸器学会員など。

日経アドネットについて

日本経済新聞社について