NIKKEI Annual Report Awards 2019

企画・制作:日本経済新聞社 イベント・企画ユニット

2019年の審査講評

アニュアルリポートアウォード 2次審査講評

審査委員長

フォト:北川 哲雄氏

青山学院大学大学院

首都大学東京特任教授
北川 哲雄氏

毎年レベルが上がってきている。トップティアのリポートは同業世界トップレベルあるいはそれを凌駕している。日本企業は「定型的」で「きちんと」書き上げることは得意だが、いささか窮屈で読んでいて伸びやかな面白さに乏しかった。それが最近では迫力のある、しかし抑制のきいた「手を携えたい有能な投資家」向けのハイブローなリポートが出現。分かる人には分かるといったスタンスだ。日本企業の成長を期待させる。

審査委員

フォト:森 洋一氏

日本公認会計士協会

テクニカル・ディレクター
/国際統合報告評議会
(IIRC)統合報告
フレームワーク
パネルメンバー
森 洋一氏

自社独自の価値創造ストーリーを伝える工夫が広がっている。特に先進企業では、ビジネスモデルや戦略の具体化、KPIと実績レビューの提示、リスク・機会認識についての具体的な説明、ガバナンスの整備・運用状況についての実効性視点からの開示といった、各要素の質が高まっている。社外取締役を含む取締役会としての考えを示そうという試みも見られた。統合報告活動を通じた経営・統治とリポーティングの連動の強化を期待したい。

審査委員

フォト:井口 譲二氏

ニッセイアセットマネジメント

チーフ・コーポレート・
ガバナンス・オフィサー
井口 譲二氏

審査では、持続的な株主価値創造が実感できるか否かを評価の軸とした。今年度もリポートのレベルは大きく上昇していた。一方、以下の改善を要するケースがあった。部門別業績等の財務情報に乏しく、フィナンシャルサステナビリティが把握できない、(リスクではなく)機会ばかりを記載、ガバナンスの記述が形式的で、実効性の確認ができない。今後とも、投資家にとって、有用なアニュアルリポートの作成に期待したい。

審査委員

フォト:三瓶 裕喜氏

フィデリティ投信

ヘッド オブ
エンゲージメント
三瓶 裕喜氏

重要性際立つ社長メッセージ

開示府令改正で有報が充実する中、アニュアルリポートにおける社長メッセージの重要性が際立つ。「ビジネスモデル」の説明は本物になり、ROICや価値創造を各現場レベルに分解した独自のロジックツリーも浸透してきた。このことは目標達成確度の向上を示唆する。資本コスト、バランスシートマネジメント、キャピタルアロケーション、TSR(トータル・シェアホルダー・リターン)等の共通言語化も建設的な対話の成果だろう。

審査委員

フォト:寺沢 徹氏

アセットマネジメントOne

責任投資部長
寺沢 徹氏

全体として昨年以上にレベルが上がってきている印象を受けた。特に長期ビジョンに根ざしたマテリアリティ特定や気候変動への取り組みが「標準装備」となってきたのは素晴らしいことである。一方、全産業への影響が大きいAIや5Gによるデジタルトランスフォーメーションへの対応や取組みの記載は各社バラつきが大きく、このような先見性を含めた経営トップの明確なメッセージがやはり今年も決め手になった。

審査委員

フォト:小澤 大二氏

インベスコ・アセット・マネジメント

取締役運用本部長
兼チーフ・
インベストメント・
オフィサー
小澤 大二氏

前年度と比較して、①資本コストを含む資本生産性の記述の増加、②ガバナンス関係の開示の充実、③サステナビリィティに重点を置き、環境(E)と社会(S)に関わるページ数が増加するなど、構成を含めますますレベルが高くなった。一方で、やや会社案内的になっている報告書も散見された。長期的な企業価値拡大に向けての経営戦略を、ビジネスモデルと資本配分戦略、ESG等を通じて統合的に説明することが重要である。

審査委員

フォト:近江 静子氏

アムンディ・ジャパン

運用本部
ESGリサーチ部長
近江 静子氏

サステナビリティマネジメントの実効性があり、長期的な経営ビジョンのもとで価値創造の源泉やビジネスモデルの独自性が示され、価値創造ストーリーに一貫性があり、かつ効果的に財務非財務のKPIを駆使することで企業価値向上に向けた経営への確信度を高められている優れた報告書の中でも、経営が直面する課題やリスクが適切に認識され、攻めと守りの適切なバランスのある報告書を評価した。

審査委員

フォト:今村 敏之氏

野村アセットマネジメント

責任投資調査部長
今村 敏之氏

情報開示は個社の個性を発揮しつつも、情報の使用者の立場では比較可能性と網羅性も担保されることが重要である。その観点では、いい意味で各社の構成等が共通化されてきている。より長期の目標に向かって、過去からの継続性の中で価値創造をうまく表現できている企業が増えてきている。後はその価値創造を未来に向けて実現できるか、そのためのガバナンスの構築まで踏み込む企業が増えてくることを期待したい。

アニュアルリポートアウォード 1次審査講評

(社名五十音順、株式会社は省略)

フォト:山田 拓也氏

アストマックス投信投資顧問

執行役員 運用部門長
山田 拓也氏

バランスを持った情報開示に期待

アニュアルリポートのクオリティーは年を追うごとに高まっている。情報開示に対する各企業の積極的かつ真摯な姿勢の賜物であろう。特に、投資家からの注目度が高いESG関連項目や、中長期の企業価値向上を目指す重要項目の抽出など、非財務情報の充実が目立った。一方で、財務KPIの算定根拠が明確でないなど、財務情報で改善余地がある企業が散見された。今後は、財務・非財務情報のバランスを考慮した開示を期待する。

フォト:櫻本 惠氏

アセットマネジメントOne

運用本部 責任投資部
チーフESGアナリスト
櫻本 惠氏

年々洗練されたリポートが増加

年々洗練されたリポートが増加しており、今年も感心させられる機会が多かったように思います。一方、立派な見た目とは裏腹に、企業の価値創造ストーリーが感じられないリポートも散見されました。混沌とする世の中だからこそ長期ビジョンで目指す姿を示し、ESGも考慮しながらバックキャスティングで足元の計画を練り、持続的成長や企業価値向上に繋げていく。そんな企業活動の営みが読み取れるようなリポートを期待しています。

フォト:石塚 愛氏

いちごアセットマネジメント

執行役員 パートナー
石塚 愛氏

充実したリポート多く感銘を受けた

長期的視点に立ったビジネスモデルの変革や、環境・社会に関する記述が充実したリポートが多く、大変感銘を受けた。特に、創業からの軌跡の詳述は、企業のDNAや競争力の源泉への理解を促進し、各社の目指す成長について説得力を高めている。さらに「サステナビリティ」の観点から、経済価値・社会価値・環境価値をどのように追及し、未来の価値創造に繋げていかれるのかは、長期投資家として大いに注目し期待する点である。

フォト:秋野 充成氏

いちよしアセットマネジメント

上席執行役員
秋野 充成氏

持続可能性を数値化して発信してほしい

非財務情報が充実したリポートが多い。特に、社会・環境との係わり合いを強調して、持続可能な成長への具体的取り組みを発信している企業が多く、興味深く、長期投資する上で参考になった。ただし、ESGを形式的に成長戦略に組み込み、短絡的にロードマップを示しているため、持続可能性に説得力が無い企業も見受けられる。今後は、より実際的に持続可能性を追求する姿勢を中期経営計画等の数値情報に具体化して発信して欲しい。

フォト:古布 薫氏

インベスコ・アセット・マネジメント

日本株式運用部
レスポンシブル・
インベストメント・
オフィサー
古布 薫氏

バランスシートについての記載充実を

各社の統合報告書は益々内容が充実しており、前年に指摘させていただいた事項の改善が実現するなど各社が報告書の作成に非常に真摯に取り組んでいることが見て取れる。ESG情報はかなり充実してきているが、投資家の立場からは財務面特にバランスシートについての記載が充実されることが望ましい。また統合報告書は企業価値の拡大可能性を分析するためのツールであるという前提に立ち返り、各社の戦略に沿った独自性のある開示が行われることに期待する。

フォト:柳原 武士氏

エイビーエス・アセット・マネジメント

アナリスト
柳原 武士氏

価値創造ストーリーとガバナンスが洗練

統合報告書の内容は毎年着実に進化しており、特に価値創造ストーリーとガバナンスの領域はより洗練されてきたと感じた。一方で、ビジネスモデルについてはもう少し丁寧な開示が欲しい。企業がどのような仕組みでキャッシュフローを生み出すかを読み手に十分に伝えた上で、戦略やKPI、リスク、ガバナンスなどの各項目をビジネスモデルに関連付けて解説すると、企業価値のより深い理解に繋がりやすいと考える。

フォト:坂東 良太氏

エンジェルジャパン・アセットマネジメント

執行役員COO
坂東 良太氏

企業価値増大につながるSDGsの説明を

ESG投資に対する関心が高まる中、企業のSDGs(持続的な開発目標)への取り組みを評価軸にする傾向が強まっている。リポートでもこうした流れを強く感じるが、まだその過渡期で今後さらに進化を遂げるだろう。社会的意義がない製品やサービスはないため、全ての企業は既にSDGsの数項目に該当しているわけだが、この羅列に留まらず中長期の企業価値増大に如何に各項目を取り込んでいるか、さらに踏み込んでいくことが望まれる。

フォト:小野塚 惠美氏

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント

運用本部
スチュワードシップ
責任推進部長
小野塚 惠美氏

作成プロセスが企業の持続的成長に寄与

理念を出発点として、ありたい姿からのバックキャスト、現状把握を踏まえて取り組む施策の策定など投資家との対話の成果が反映されているARが多く見られた。また、経営層だけでなく、全社巻き込み型で課題整理、目標設定をしている例もあり、AR作成のプロセス自体が企業の持続的成長に寄与していると感じた。一方で、ガバナンスの枠組みや戦略は企業価値向上における手段であることを踏まえ、さらなる説明を期待したい。

フォト:伊井 哲朗氏

コモンズ投信

社長兼最高運用責任者
伊井 哲朗氏

ESGを意識した内容が充実

今年のリポートは、あらゆるステークホルダーを意識した内容となっている会社が大幅に増えた印象です。その各ステークホルダーとSDGsを関連させて、自社のメッセージに特色をもたせるなどの工夫も好感を持ちました。さらに、ESGを意識した内容も充実し、特に、ガバナンスについてはページを割いて取締役会の透明性を高めた内容となってきています。今後は、さらに環境に対する取り組みとそれを具体的に説明していただけるといいと思います。

フォト:角田 成宏氏

損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント

運用企画部
責任投資推進室長
角田 成宏氏

株主還元と資金使途との相対化記載が必要

中計とマテリアリティの紐付け等、ESG方面では新しい表現も見られる中、依然として、株主還元と資金使途との相対化が見られない。このままだと現金を無駄に積み上げてしまうことへの危機感が感じられない。一方、社外取締役のコメントが増えている傾向は大歓迎である。さらにもう一歩踏み込んで、企業価値との関係や「我が社」が抱える課題等への言及があれば、社外取締役が機能しているというメッセージが投資家に伝わると思う。

フォト:石井 祐貴氏

T&Dアセット
マネジメント

運用統括部
責任投資グループ
ファンドマネージャー兼ESGアナリスト
石井 祐貴氏

トップメッセージの充実に期待

マテリアリティ(サステナビリティー上の重要課題)の特定や、非財務情報の拡充など、ESGに関する記載内容は年々充実している印象を受けます。今後は、「マテリアリティをいかに事業戦略に落とし込み、環境・社会課題の解決に結び付けていくか」のロードマップを、トップメッセージの中でCEO自らのお考えとして発信いただくと、よりリポート全体の説得力が増すのではないかと思います。

フォト:栗原 英明氏

東海東京調査センター

企業調査部長
栗原 英明氏

「継続は力なり」

今年も一段と充実した印象である。歴史観、長期の価値創造策、経営陣のメッセージ等において、独自性のある図表とともに、熱意を感じられる記載が多かった。ESG、マテリアリティ等の記載も充実してきている。一方で、短期的な分析の不足、課題や弱点、過去の中期計画の振り返り等が乏しかったものも散見された。また、初参加のリポートに見劣りがするものがあった。ただ、2~3年で急速にリポートを改善させることは可能であり、継続的な努力を期待したい。良いリポートの増加が株式市場を支える一助になろう。

フォト:秋澤 宏典氏

東京海上アセットマネジメント

シニアアナリスト
秋澤 宏典氏

統合報告書は、多様化が進む過程にある

数年前までは記載内容の充実に伴い報告書が分厚くなる例が多かったが、近年は読み易さを重視してページ数自体は絞る傾向にある。中長期ビジョンや事業分析、ESG関連の取り組みやSDGsへの貢献などは各社で共通する記述だが、それ以外の項目に関しては見せ方含め各社の個性が光る。分析する側にも定型的な評価に留まらず、オリジナリティーを評価するような仕組みが求められているのではないか。

フォト:中野 次朗氏

日興アセットマネジメント

株式運用部長/シニアマネージングディレクター
中野 次朗氏

株主価値向上の視点は物足りなさを感じる

理想的な統合報告書は、企業の生の実態が描かれ、かつ長期の企業価値をイメージさせる。さらにそれを議決権行使やエンゲージメントの議論に活用できるようなものである。毎年200社強のリポートを投資家視点で楽しみに拝読させていただいているが、今年度も数多の改善が施されており、より長期視点で企業価値向上を感じとれる内容になってきた。一方で株主価値向上の視点は物足りなさを感じる。来期以降の改善に期待したい。

フォト:橋田 伸也氏

ニッセイアセットマネジメント

株式運用部 投資調査室
室長
橋田 伸也氏

イノベーションへの姿勢伝わる報告書を

マテリアリティ評価やKPIの設定が形式的でなく、中長期経営戦略と整合的に紐づいているかに評価の重きを置いた。自然環境や社会と企業との相互依存関係を示し、社会的価値と経済的価値向上の両立を目指すものであれば経営戦略の妥当性も高くなる。年々リポート内容の充実ぶりに目を見張るものがあるが、非財務情報と競争優位性との関係や、イノベーションを意識した経営姿勢が読み手に伝わる報告書が一段と増えることを期待したい。

フォト:内田 陽祐氏

野村アセットマネジメント

企業調査部部長
内田 陽祐氏

内容に自由演技の部分がもっと増えてもよい

各社の意気込みや工夫が感じられ、背景にある思いも垣間見ることができた。気がかりなことは、やや形式を優先しすぎる点だ。体裁にこだわりすぎると見た目は良くなるが、冗長な記述も多くなる。事業会社が真剣に取り組んでいることに的を絞り、その具体策を交えるなど、内容に自由演技の部分がもっと増えてもよい。統合報告書は開示手段の一部と割り切り、メッセージ性を強く打ち出すことに注力してもよいのではないか。

フォト:葎嶋 真理氏

富国生命投資顧問

株式運用部調査グループ ESGアナリスト
葎嶋 真理氏

読み応えのあるガバナンス記載が増えた

年々、開示内容の充実度が増していると感じる。特に、中期経営計画だけでなく、長期的に企業価値を創造するためのプロセスや方針・ビジョンを策定し、さらに「持続可能な開発目標(SDGs)」と事業活動を紐づけた開示が多く見られた。また、コーポレートガバナンスに関しては、形式的な開示にとどまらず、社外取締役のコメントや取締役のスキルマップの開示などより理解を深めることのできる読み応えのあるリポートが増えたと思う。

フォト:白須賀 啓介氏

三菱UFJ国際投信

運用企画部 ESG統括グループ グループマネジャー
白須賀 啓介氏

過去・現在・未来が伝わる報告書を高評価

非財務情報が充実し、統合報告書が長期投資家にとってより価値を増すものとなっている。高く評価した統合報告書は、過去の実績、現在の取り組み、将来の目指す姿がよく伝わるものとなっている。過去の戦略の成果と課題の整理、長期の目標に対して今中計がどういった位置付けにあるか、経営者がどのような思いで長期の姿を描いているのか、戦略、ビジネスモデル等をしっかりと語っていただければありがたい。

フォト:堅田 雄太氏

レオス・キャピタルワークス

アナリスト
堅田 雄太氏

素敵なコンテンツはホームページでも掲載を

トップメッセージや中期経営計画だけでなく、ESGやSDGsなど企業の考え方が色濃く出る取り組みに対するコンテンツが各社各様で充実しており、読み応えがあるアニュアルリポートが多かったです。一方でアニュアルリポートに掲載されているが企業のホームページに掲載されていない素敵なコンテンツも散見されました。より多くの人に見てもらえる場所によいコンテンツを置いていないのはもったいないと感じました。

アニュアルリポートアウォード 1次審査員一覧

(社名五十音順、株式会社・敬称は省略)

■アストマックス投信投資顧問

山田 拓也

■アセットマネジメントOne

櫻本 惠、大森 健雄、大藤 修義、鈴木 俊一、加藤 泰浩、原 武史、池畑 勇紀、斉藤 正和、申谷 昇、村岡 義信

■いちごアセットマネジメント

石塚 愛、吉田 憲一郎、フォンレンツェル 賢、堀之内 慎太郎、坂口 陽彦

■いちよしアセットマネジメント

戸田 さつき、関谷 央憲、渡邉 基久、三上 健平、大川 恒、秋野 充成、金 智行、高橋 佑輔

■インベスコ・アセット・マネジメント

古布 薫、小室 秀介、原田 秀樹

■エイビーエス・アセット・マネジメント

柳原 武士

■エンジェルジャパン・アセットマネジメント

(非公表)

■ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント

岡村 慧、小野塚 惠美

■コモンズ投信

末山 仁、伊井 哲朗、上野 武昭、原嶋 亮介

■損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント

竹間 雅子、板倉 充知、藤原 重良、小野 真奈美、角田 成宏、牟田 知倫菅原 繁男、神谷 悠介、立田 裕昌

■T&Dアセットマネジメント

山中 清、石井 祐貴、柳井 美奈子

■東海東京調査センター

栗原 英明、金井 健司、荒木 健次、大平 光行、萩原 幸一朗、中原 周一、宝水 裕圭里

■東京海上アセットマネジメント

光田 寛和、五十崎 義将、浅野 建、矢倉 賢範、秋澤 宏典、夏目 宏之、平井 克典、坂東 俊輔、岡田 将行、大谷 章夫、水野 要

■ニッセイアセットマネジメント

佐竹 一仁、木村 嘉明、坪井 暁、佐藤 啓吾、野田 健介、小林 守伸、醒井 周太、堀井 章、井口 譲二、橋田 伸也、宝田 晋介、山本 真以人、吉沢 泰、伊豫田 拓也、黒木 文明、菊崎 雄太、峯嶋 利隆、村中 亮太、 村井 翔

■野村アセットマネジメント

高本 英明、大場 剛平、鳥居 彩、大畠 彰雄、今泉 忠政、江口 由紀、内田 陽祐

■富国生命投資顧問

佐藤 栄二、八木 啓行、青山 剛、葎嶋 真理、岡本 大典、山岸 徳人、鈴木 洋平

■三菱UFJ国際投信

今田 ありさ、白須賀 啓介、佐々木 健行、上辻 敦生、小山 洋美

■ラザード・ジャパン・アセット・マネージメント

吉村 修一、福田 智美、岸田 有央

■日興アセットマネジメント

中野 次朗

■レオス・キャピタルワークス

八尾 尚志、栗岡 大介、佐々木 靖人、堅田 雄太、小野 頌太郎

TOP